2014年1月27日月曜日

Dekishi - No Country 4 Young Men

昨年末にリリースされた溺死君のアルバムNo Country 4 Young Menをここのところ愛聴している。わざわざ文字にしてその事を今から書くわけだが、本作のジャンルGrimeというのがどういった成り立ちなのか、和製グライムがどういった潮流にあるのかなんてのは、学者さんや音楽ジャーナリスト、アカデミックな方々が勝手に論議すればいいだけだから僕はちっとも気にしてないそぶりをここではしたい。



ともかく、溺死君の吐き出す言葉はリアルだ。

少なくない企業が1時間1000円にも満たない金額で人間を買い叩き、彼らは280円の牛丼なんかを食らって生きているだろう、それをして自由で自立した日本の若者の生活なのだと定義されるのだから、僕らは誰かに打ちのめされている、存分に打ちひしがれている。溺死君の書く言葉はそういった現代的な痛々しいほどの"ビート"感覚をバックグラウンドにしつつ、その財布の中身に反比例して豊かなユーモアに満ちている。

溺死君の紡ぐ言葉はとても真摯だ。

確かな下地にアクセントとして用いられるビデオゲームや映画、消費的なフィクションの連想と拝借からなる言葉選びは一歩外せばダサいボンクラ趣味のひとりよがりとなるところを絶妙なバランス感覚で線引いている。彼の音楽が、彼の生活の音楽たる所以はここにあり、ゲットーシーン由来の音楽が必然的に持つ暴力性、リアルギャングスタ達のMAC-10ドライブバイを決めるフロウが彼らの生活の延長線上であるように、溺死君もまた生き残る為にダブルバレルショットガンを探して歩く。これは虚実いりまじった知的な言葉遊びだ、僕らは彼と全く同じように現実では打ちひしがれ、ビデオゲームではモンスターを打ちのめしてきた。

Doom2 ダブルバレルショットガンマスターピース
Marathon2 古典的なデュアルダブルバレルショットガン
彼の詩世界は悲壮な現実の地続きに超暴力が息衝いている、現実の彼がポスタル・デュードのようなサイコ殺人鬼では決してなくとも、怒りや憤りの代替表現として宇宙海兵隊がデーモンを殺戮した事物理学者がバールで異次元の生物と戦った体験を用いる。ゲットーのリアルシーンに由来する暴力性をそのまま1ミリの改変もなく拝借する嘘だらけのリリックでも、自身のつましい生活を等身大なんて言葉でラベリングしてゼーハー吐き出した、なんのスリルもない言葉でもなく。


溺死君のインテリジェントな代替現実をのりしろにして閉じたスリリングな言葉運びを支えるsoakubeatsのトラックはいかがわしい薄汚れたパルプ紙の匂い立つそれで、聴く者をひたすらに焦燥とさせる。

これは#1のような"快"の音を打ったと思えば、つづく#2id SoftwareRageからの連想(この曲で溺死君は危ない目をしたジョン・カーマックという最高のフレーズを繰り出している)を多分に含んだ物質Dにてリスナーの快適な呼吸を阻害する重苦しい煙の音を打つ。ビデオゲームインスパイアを称するクソみたいなスーパーマリオブラザースサンプリングからなる産廃トラックでないだけでマシな所を最大級の危ういサウンドで見事に応えた。

危ない目をしたジョン・カーマック
僕はこのNo Country 4 Young Menというアルバムがとても好きだ。ここでは多分他の誰も書きそうにないだろうから、あえて溺死君のビデオゲーム由来のバックグラウンドについて少しばかり言及したが、彼の本質がそこだけにあると勘違いしないでほしい。

このアルバムタイトルの通り、僕らの為の国なんてどこにもないモリッシーはイングランドは僕の国なんだから僕(ニート)を養うべきだろうと明け透けに歌っていたが、溺死君もまた、病的なままに、あの時から30年が過ぎる今日の日本で、人生の光当たる部分が、いくばくあるのかをひたむきに歌っている。

DEKISHI:http://dekishi.tumblr.com/
dekishi(soundcloud):https://soundcloud.com/dekishi
soakubeats:https://twitter.com/soakubeats
粗悪興業:http://soakukogyo.tumblr.com/

ugh