2012年8月28日火曜日

Farcry2の場合 - 賽の河原の石積み

先日Farcry2は寝取られだよね…という話を某SNSの方でしたので、こっちにもまとめておく。Farcryの腹違いの続編であったり、本作がかなり特殊なタイトルである事は間違いないのだが、ストーリーテリングの手法についてはあまり言及されてなかったので、改めてここに書き起こしておく。

Farcry2はおおまかに3つのチャプターからなっている、アフリカ某国の北部、南部、そしてその闇の奥(Heart of Darkness)である。ゲームの前宣伝や、GTA3後の世界のお約束から推測するに、フリーローミングな銃と車の世界、探索収集と豊富なチャレンジで構成された石積み型のゲーム。ハンドガン一丁からスタートしてShe's On Fireでアイアムアタイガーな感じにエリアと武装をアンロックしてキングピンを目指すゲームだと思ってた…だけど、それが大間違いであった。広く喧伝されたGTA3後の世界におけるお約束の石積みは闇の奥へ至る撒きえであり、虚である。

ワイは虎や!


チャプター1では傭兵である主人公は情勢不安のアフリカで、2大武装勢力の間を行ったりきたりコウモリのように掻き乱しながら、国際指名手配犯の武器商人の暗殺を目指すが、第三世界のカオスが辛うじて保っていた均衡が、勢力のパワーバランスが崩れた事で失われ、現実と同様に無差別な虐殺が始まってしまう。外国人傭兵など無論カオスの住人である現地人に信用されるわけもなく、肩入れしていた勢力から逆に暗殺対象になったあなたは、これまでと反対の勢力につく事で生命の危機を逃れる。

チャプター2も同じく第三世界のカオスに翻弄されるのみである。2つの勢力の片側を打倒しようと、それはただ新たな憎悪を生むのみで、またもや組織からプレイヤーは暗殺対象にされる。もはやどう手を尽くそうが血塗られたアフリカの大地の呪いはより強固なものになるだけであった…というのがまぁ大体の大筋である。

更に主人公はチャプター1のはじめにマラリアにかかり、薬クエストを達成することでチャプター1の最後には症状が安定するようになっているのだが、あぁ良かったこれで安心してゲームが進められるなと思った矢先、チャプター2でぶりかえし、どう頑張ろうとマラリアレベルは勝手に上がってしまう。

またチャプター1で仲良くなった外国人傭兵仲間はチャプター2開始時の無差別虐殺によって全員行方不明になってしまうのだが、これもゲームとして回避する方法はない。マラリアにしても傭兵仲間にしても、これらをただのカットシーン演出で済まさずに、実際に任意クエストを時間をかけてこなすなどして友好度を上げたり、感染レベルを下げる事ができるのがキモだ。大体近年のゲームにおいて、そういったシステムがあれば、誰だって恒久的な要素だと思い込んでしまう事だろう。システムとして最も仲のいい傭兵が死亡時1回だけ救出にやってくる救済システムなど個々の要素へ思い入れを深めるシステム、石を積む過程がさも重要そうに配置されているのだ。

重度のマラリアによって歪む視界

しかしFarcry2のGTA3的なフリーローム要素は、賽の河原の石積みそのものなのである。積み上げた石、苦労、愛着は崩される為の作業なのである。チャプター3闇の奥は強烈だ。自分がこのアフリカに来てやってきた事全てが無意味であり、誰に肩入れしようと憎悪は止まず虐殺が起こるだけ。武器商から買った自慢の最新武器はボロボロになり仕方なく黒んぼが持ってた泥だらけのAKを使い。必死に薬を手に入れてきたのにマラリアはぶりかえし、最早先は短い。仲良くなった外国人傭兵(友好度パラメータMaxだろうが)には絶対に裏切られ、仕方なくこの手で殺した。

金に目が眩み裏切った仲間を押さえつけて殺す迫真のシーケンス
ネトリネトラレヤリヤラレ。


酷すぎる、NTRゲーにおける、これまでの馴れ初め~いちゃラブパートが20時間にも及ぶ2章立てのフリーローミングパートで構成しているにも関わらず、全てが崩れ去る狂気チャプター3自体は終わらせるのに2時間も掛からない。GTA3以降世界に蔓延した石積み型箱庭ゲームは、その積んだ石が報われなければならないのが暗黙の掟だった。はじめのうちハンドガン一丁だけを持って、通りで車を盗んでヒーコラしていても、最後には隠れ家にロケットランチャーが支給され、ガレージには防弾スポーツカーや戦車が配備され成り上がっているはずなのだ。


Farcry2は隠れ寝取られゲーである、予めNTR要素があると明示されていないタイプのタチの悪いヤツだ。ただ、だからこそ積み上げた石の塔を叩き割られる事に意味がある。GTA3のように、その多くのクローン、フォロワー達と同様であると思い込んで、がんばったからこそ、それらが奪われる苦しみ、寝取られた者の苦しみを味わう事ができる。闇の奥で親友の頭を撃ち抜き、組織のボスもヒットした。しかし内紛は収まる気配すら見せず、また新たなボス、新たな武装組織が現れて、市民は殺されていく。そんな時に、重度のマラリアで先の短いあなたに、暗殺対象だったジャッカルから市民を助ける為の提案がされる、それはあなたの命と引き換えになる物だったが…Farcry2で最後にとる主人公の決断は妥当なのだ、主人公の苦しみをプレイヤーはその時点で十分に知っているのだから。

民衆の国外脱出を先導し、あなたは…


余談だが、Farcry2の日本語版ではチャプター3闇の奥こと Heart of Darknessはダークネスハート、クリア実績The Horror,The Horror(小説 闇の奥のクルツの最後の言葉)はなぜかホールディングファイアと訳されている、なんだかなぁ。

ugh