2012年4月18日水曜日

初代CarmageddonをWindows7/64bitで遊ぼう。

公式フォーラムのコミュニティで情報交換が盛んなようなのでメモ。
基本は前に書いた記事を参照(特にDosbox/Glideエミュ)。





タイマーバグこそあったものの、Windows XPまではインストールしてそのままCarm95を立ち上げる事ができたが、現行のVista/Win7においては起動時にDirectdrawのエラー(Carmageddon Fatal Error Unable to setup DirectDraw - please check that DirectX is installed)を吐いてしまうのだが、有志によるCommand And Conquerのモダン環境向けDirectdraw DLLを流用することで、この起動時のエラーはもとより、解像度変更、ウィンドウ化が適用でき、更には60FPS以上で動作した際に起こる件のタイマーバグもFPS固定設定の有効化により解決できる。


DirectdrawなのでGlideより品質は劣るものの、高解像度/ウィンドウでの動作は快適なので、今から遊ぶなら個人的には、こちらが断然お勧め。ダウンロードはhttp://hifi.iki.fi/cnc-ddraw/から”Download”へ飛んでddraw.dllをダウンロードしCarmageddonフォルダに入れるだけ。”互換性設定をせず”にCarm95.exe(オプションを入れない場合は解像度320*200)、あるいはランチャーからHires(640*480ネイティブ)を選び動作させるだけ。また、このdllを使用すると初回起動時にCarmageddonフォルダ内にddraw.iniが生成されるので、起動後、一旦ゲームを終了しよく確認する事、参考に僕の設定を以下に記します。



[ddraw]
; width and height of the window, defaults to the size game requests
width=1280
height=1024
; bits per pixel, possible values: 16, 24 and 32, 0 = auto
bpp=32
windowed=true
; show window borders in windowed mode
border=true
; use letter- or windowboxing to make a best fit (GDI only!)
boxing=false
; real rendering rate, -1 = screen rate, 0 = unlimited, n = cap
maxfps=60
; vertical synchronization, enable if you get tearing (OpenGL only)
vsync=false
; scaling filter, nearest = sharp, linear = smooth (OpenGL only)
filter=nearest
; automatic mouse sensitivity scaling
adjmouse=true
; manual sensitivity scaling, 0 = disabled, 0.5 = half, 1.0 = normal
sensitivity=0.0
; enable C&C/RA mouse hack
mhack=true
; enable C&C video resize hack, auto = auto-detect game, true = forced, false = disabled (OpenGL only)
vhack=false
; switch between OpenGL (opengl) and software (gdi) renderers, latter supports less features but might be faster depending on the GPU
renderer=gdi
; force CPU0 affinity, avoids crashes with RA, *might* have a performance impact
singlecpu=true

残念ながらOpenGLによる動作は不可能な模様。僕の環境ではマウスのスケーリングを行わない場合上手くポインタが動作しなかったのだが、本編でマウスを使用しなければならない場面がそもそもない為、設定する必要もなさそう。maxfpsは-1でも問題ないようだが念の為60に固定している。


実際のプレイをキャプチャ

ugh