2012年1月25日水曜日

Sin -罪- メモ


P&Aのリテール版Sinが出てきたので久しぶりに遊んでみようと思ったら動かない。一番最後にプレイしたのがAthlon XP3000+/Radeon 9800/SBAudigy2/WindowsXP SP1の環境で、その時は全くトラブルもなかったのだが、今回は起動の瞬間に止まってしまう、プレイ完全不可の重度のトラブル。

元々トラブルの多かったゲームでもあるし、環境の変化に伴い相性でどこかくすぶってるのか…(元がWin98のゲームだし)サッと諦めてしまえばいいものをしばらく悪戦苦闘してたので、もったいないから今回調べたことなどメモとして残しておきます。




今回のトラブルとその解決法
トラブル内容:Sin.exe(P&A版でver.1.00)を起動するとロード画面らしき一枚絵(主人公BladeとSinのタイトルロゴ)が表示後、本来ならばRitualのメーカーロゴムービーが流れる所、その音だけが再生され映像は真っ暗なままフリーズ。タスクマネージャを見るとSinは「応答なし」状態になっている。

解決法:ffdshowのアンインストール or ffdshowのビデオコーデック設定からCinepakのコーデックを無効化


ゲーこんだけー。Cinepakで作られたムービーがffdshowのコーデックによって再生されるとおかしくなってしまう模様。ところがコーデックを止めても直らなかったり、フリーズはなくなるがムービーの映像が崩れる(自分はこれになった)現象があり、1.12(Steam版※)はこのトラブルの修正が含まれているそうな。

※リテール版は1.11が最終バージョンです。


ちなみに今の環境…
Core i-7 920(HT off)
Radeon HD6870
Audigy DA4(安定,X-Fi Fatal1tyだと音がおかしくなった)
Windows XP SP3




その他のトラブルなど
移動速度が遅すぎるなど:Q2エンジンゲーム全般に存在するFPSが高すぎると挙動がおかしくなるトラブル、垂直同期をかけないと本来上れる高さにジャンプできなくなったり、逆に普段より高く飛べたり不安定になる。

パッチ(Installshield)が適用できない(フリーズ):v1.00-v1.11(31MB)は起動から10分以上時間がかかった。インストラーがウンともすんとも言わないがフリーズではない、1.00-1.11に限らずどのインストーラも忘れた頃にパッチの適用が始まるくらい遅い。そういえば大刀のパッチもえらい時間がかかったけな…

パッチ(Installshield)が適用できない(エラーメッセージ):特定のファイルが読み取り専用になっている、Sinのインストールフォルダのプロパティから読み取り専用をサブディレクトリまで全て外してリトライ。

サウンドがおかしい:環境依存、これも1.12の修正項目らしい。ハードウェアアクセラレーションをWindows側で切ってどうなるか確認。ハードウェアミキシング周りが古いSound Blasterに合わせてある為らしいX-Fi Fatal1tyではエンバイロメントの異常(不自然なエコー)を確認。


Wages of sin関連
P&A版SinにUS版、UK版Wages of Sinをインストールできるか?:信じられない事にできない、逆(US/UK版にP&A版WoSを適用)も然り。Wages of SinのCD内にあるpakファイルをそのままコピーしてもそのままでは起動できない、狂ってる。

インストール時:pakファイルが書き換わるのでバージョンが強制的に1.03になる、再度パッチを当てる必要がある。

Steam版に適用:できない。ただし拡張パックはpakファイルを追加しているだけなので、実は無理やりできなくもないらしい→参考




基本的に今から買うならSteam版(Sin Episodesのオマケについてくる)、拡張パックであるWages of sinをやりたい場合は販売国を合わせてリテール購入という感じか。Wages of Sinはその後Medal Of Honor Allied Assaultを開発した2015の初期の作品、非常にオブスキュアな手触りだ。

ugh